〈NZ・観光〉噴火で生まれて600年!オークランドからフェリーで半日ハイキング♪

ごつごつした山肌

2019年11月

オークランドの高台から沖合いを望むと、なだらかな島が見えます。

それがランギトト島Rangitoto Island。

ランギトト島

オークランドからフェリーで30分。

日帰りで行ける離島としては、ワイナリー廻りで有名なワイヘケ島Waiheke Islandに次いで有名な島だそうです。
 
私が行った日も、平日にも関わらず多くの人が訪れていました。

ニュージーランドでは割と街の近くでもブッシュウォークが楽しめるけれど、それとはまた違うハイキングが楽しめてオススメですv

溶岩のゴツゴツした山肌と、萌える緑が出迎える

大小50を超える火山を抱えるオークランド一帯。

ランギトト島はその中で最年少にして最大の死火山。

およそ600年前、突如海底より噴火し、その姿を形づくったのだそうです。

その話を聞いていたので、もっと「火山!」って感じなのかなと思いきや、歩いてみると結構木々や草が茂ってきていました。
600年の間の成長ですね。

ゴツゴツした山肌

とはいえまだまだゴツゴツした部分が残っていたり、そこから小さな芽や木々が出てきていたり…。
若々しさを感じました。

今まで見てきた森や林も、こうした段階を踏んできたんだな〜と。

小さな森

小さな芽

真っ暗な中に光が差し込む溶岩洞窟

溶岩洞窟

頂上の手前で、分かれ道に差し掛かります。

溶岩洞窟への分かれ道

そこで右の道を15分ほど行くと、いくつか穴が現れます。

穴は屈まないと入れない小さいものから、立ったまま入れる大きいものまで。

溶岩洞窟の入り口

それが溶岩洞窟Lava Caves。

かつて溶岩が通り抜けた穴です。

光が差し込む

上から光が差し込む様を見ていると、なんだかラピュタっぽいな〜とか感じたり。

洞窟の中は真っ暗なので、ライトを灯して歩きましょう。
スマホのライトで大丈夫です(落とさないようにご注意を)

頂上から望むオークランドの大パノラマ

オークランド市街

元来た道を戻り、頂上へ。

オークランド市街が一望できます。

手前に見えるのはノースショア。

その奥にスカイタワーやビル群が、右側にそれらをつなぐハーバーブリッジが望めます。

自分が通ったところをこんな形で観るのもまた楽しいですね(^^)

反対側にはコロマンデル半島が見えたそうなんですが、オークランドに夢中で忘れていました…しまった^^;

大パノラマを堪能した後はランチタイム♪

頂上でランチ

観光情報

所要時間

今回ご紹介したのは、フェリー乗り場から山頂への往復Summit Track2時間+溶岩洞窟への往復30分のコース。

フェリーの時間は往復1時間なので、待ち時間も合わせて計4-5時間ほどになります。

「もっと歩きたい!」という方は、海岸線沿いを歩くルートなんかもあるみたいですよ。

フェリー乗り場

Pier4

フェリーはOKギフトショップ前のPier4から出ています。

デボンポートを経由して、30分ほどでランギトト島に着きます。
(時間によっては経由しないものもあり)

オークランド出発の場合は30〜15分前にPier4に行くようにしましょう。

着いたら、近くに設置してある靴ブラシで靴を洗うのを忘れずにv

フェリー予約

フェリーの予約はコチラから。
Buy tickets【fullers360】

フェリーの時間&料金

フェリーは本数が限られています。
時間を確認して、乗り遅れないようにしてくださいね。
Timetables and Fares【fullers360】

大人 39NZD
子ども(5-15歳) 19.50NZD
5歳未満 無料

準備するもの

ランギトト島はペストフリー(害獣のいない)の無人島です。

フェリー乗り場近くにトイレと休憩所はありますが、売店やカフェ、ゴミ捨て場などはありません。

水や食べ物は持参し、ゴミは自分で持って帰るようにしましょう。

必要なもの

  • ランチやおやつ
  • 歩きやすい靴
  • 日焼け止め
  • 帽子・サングラス

終わりに

思い立ったらすぐに行けるランギトト島。

オークランドからすぐの火山の島を探検してみてください♪

フェリーからはこんなオークランドの姿も見られますよv

オークランド市街

The following two tabs change content below.

frari

散歩とごはんが好きな、旅するWebデザイナー。Blogでいろんな「場所」の魅力を伝えていきたいと思っています(^^♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする