〈NZ・地域情報〉オポティキ-キウィ産地ベイ・オブ・プレンティの外れの小さな町

Opotiki

2019年4月

今回ご紹介するのはベイ・オブ・プレンティ地方Bay of Plenty

ニュージーランドを代表する作物であるキウィフルーツの生産が盛んで、日本に出回っているキウィのほとんどはここで育てられていますv

そのため、年間通してよく求人が出ている地域です

キウィフルーツの仕事で有名なのはタウランガTaurangaとテプケTe Pukeなのですが、マイナーながらちょくちょく求人を出しているのがオポティキOpotiki

人口1万人に満たない小さな町で、Bay of Plentyの東側に位置します。

私はここで4〜5月にかけて、キウィのパッキングの仕事をしていました。

もし求人を見てOpotikiがどんな町なのか気になったら、このページを読んでみてくださいv

お仕事情報

キウィフルーツのピッキングやパッキング、剪定など。

パッキングについてはコチラをどうぞ。

天候に左右されず労働時間も長いので、安定して稼げるお仕事です。 給与は今までで一番!

Opotikiには2つの大きなパックハウスがあり、パッキングだけでなくピッカーも募集しています。

それが大手チェーンのEastPackと、OpotikiのOpac(Opotiki Packing And Coolstrage)

EastPack
【EastPack】Employment

OPAC
【OPAC】 Employment

パックハウスの場所はどちらも町の中心から2.3kmほど。

ピッキングとパッキングは一応3月から始まるそうですが、本格的なシーズンはイースター後の4月下旬以降

収穫シーズンは6月頃に終わり、その後は剪定Pruningが始まるという流れのようです。

また、Opotikiの町が他のキウィの産地と違うのが、マオリの人が多いということ

TaurangaやTe Pukeのキウィオーチャードはオーナーもピッカーもインド人が多いらしく、中にはインド人で結託して、収穫スピードの遅いバックパッカーを排除しているところもあるんだとか。。

Opotikiではそういった話は聞かなかったし、私の行ったOPACのパックハウスはマオリの人が多く、よく親切にしてもらいましたv

宿情報

Central Oasis Backpacker

Central Oasis Backpackers

Central Oasis BP キッチン

Central Oasis BP kitchen ドミトリー

Central Oasis BP kitchen カフェ

Central Oasis Backpacker【Facebook】

私が滞在していた、町の中心にあるホステルです。

シングル1室、ダブル?1室、ドミトリー2室の小さな宿。

コンロが4口ひとつとキッチンも小さいですが、みんな仲が良かったですv

ドイツ人のオーナーさんが日中カフェをやっていて、チーズケーキが美味しかったな♪

庭にはピザ窯があって、窯で焼いたピザは格別でした!

名 前 Central Oasis Backpacker
Weekly Rate 120NZD(Dorm)
WiFi Unlimited
Laundry Washing Machine 5NZD(Rentと共にオーナーに支払う)
住 所 30 Kingstreet, Opotiki

The Royal Opotiki Backpackers

The Royal Opotiki

The Royal Opotiki Backpackers

Central Oasis BPの向かいにあるホステルです。

泊まっている人に聞いたところキレイで良い宿だと言っていました。

ただ1階がレストランになっているので、夜は結構にぎやかだとか。

レストラン行ってみたかったけど、泊まっている人が「バックパッカーが行ける値段じゃないよ〜」と言っていたので諦めました^^;

名 前 The Royal Opotiki Backpackers
Weekly Rate 130NZD
住 所 102 Church St, Opotiki

Motu Cycle Trails

Motu Cycle Trails

Motu Cycle Trails

中心からやや離れたところにある大きな宿です。

相部屋以外に車中泊できるスペースがあり、合わせるとなんと100人ほどが滞在していたとか。

長期滞在者には、2NZDで自転車やカヤックも貸してくれるようですよ。

名 前 The Royal Opotiki Backpackers
Weekly Rate
  • Van Stays 75NZD
  • Bunkhouse 120NZD
住 所 138 St John Street, Opotiki

River View Lodge Opotiki

River View Lodge Opotiki

River View Lodge Opotiki

Opotikiの外側にある宿です。中規模くらいかな。

Opotiki唯一の大手スーパーNew Worldに近いです。

Packhouseに来てたシーズナルワーカーの中では、Motu Cycle Trailsに次いで泊まってる人が多かったです。

パックハウスに名前の入ったバンが迎えに来てたので、送迎があるんだと思います。

名 前 River View Lodge Opotiki
Weekly Rate ??
住 所 2000 State Highway 2, Waiotahi

お店情報

Opotikiの町の中心は徒歩でも5分で歩けるくらい小さいですv

映画館が1軒、図書館が1軒、カフェやテイクアウトのお店が何軒か。

これだけ小さい町なのに、映画館があるのが意外でした。それだけ映画は親しみのある娯楽なんだな〜

大手チェーンスーパーはNew Worldが1軒、こちらは中心から15分ほど歩いた外れにあります。

中心近くにはコンビニというか小さな商店的なFour Squareが2軒ありますが、やっぱりお高い^^;

町の人に愛されるTwo Fish Cafe Opotiki

Seafood Chowder

Two Fish Cafe

町の中心にあるカフェ。
休みの日に行ったら地元の人で賑わっていました。

注文したのは、ニュージーランドでちょくちょく見かけるSeafood Chowder。

美味しいけど、値段の割にお腹いっぱいにならないv

名 前 Two Fish Cafe Opotiki
営業時間 月-金 8:00 – 14:50

土 8:00 – 13:50
住 所 102 Church Street, Opotiki
料金目安 Seafood Chowder with Garlic Bread 17.00

こだわり食材を使うBridge Street Cafe & Grill Opotiki

Smoked Fish Pie

Bridge Street Cafe & Grill Opotiki

New Worldの近くにあるカフェ。

ベジタリアンやビーガン向け、グルテンフリーなど食事にこだわりのある人向けの料理を提供しています。

幹線道路沿いにあるので、通りがかりの車やバイクの人が多かったです。

私は食にこだわりがあるタイプではないのですが、新鮮な食材を使った料理をお手頃価格で食べられるのでオススメですv

名 前 Bridge Street Cafe & Grill Opotiki
営業時間 毎日 6:00 – 16:00
住 所 77 Bridge Street, Opotiki
料金目安 Smoked Fish Pie with Salad 12.50

観光

あんまり観光するところのないOpotikiですが、時間ができたら訪れてほしいのがHukutaia Domain。

2,000歳以上の木が残るHukutaia Domain

Hukutaia Domain

Hukutaia DomainはOpotikiの外れに残る原生林。

樹齢2,000年以上の巨大なPuririの木、Taketakerauを見ることができます。

Taketakerauはかつて、有力者の骨が埋葬されていた神聖な場所。

左右には彫像が配置され、神秘的な雰囲気が漂っています。

Taketakerau

Course
ウォーキングコースは長いものでも30分。サクッと回れます。

Opotikiの町から7-8kmと離れているので、車がない場合は良い運動になりますv

The following two tabs change content below.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする